年間計画

勉強会年間スケジュール

基本的には勉強会の日程は第3土・日曜日を中心に予定しますが、他の学会開催日や講師の都合等により、不規則となる可能性があります。
日程、会場などについては毎月のお知らせを必ず確認してください。
不明な際は、研究会事務局に直接お尋ねいただいてもOKです。
また、非会員の方は1000円で参加が可能です。ぜひ、お近くの方をお誘いくださいね。

1・2月の勉強会

「排尿自立指導料」をぬか喜びにしない方法!?

「排尿自立指導料」運用の実際:医療・看護編

昨年以来大きな話題となっている「排尿自立指導料」。患者さんの排尿管理に取り組むと診療報酬がつくということで医療機関での排尿管理を一気に進める好機到来!と力が入ってる現場のある一方で「とはいえ、何をしたらいいのか途方に暮れる」方もおられるとか。実効性のある排尿自立指導を行うための段取りを考えます。病院以外の職種も必聴!

3・4月の勉強会

排泄ケアに怒りは似合わない...

日々を気持ちよく暮らすために知りたい「アンガー・マネージメント」って?

日々のケアの現場でついつい「イラッ」としてしまうことはありませんか?人間相手、それも気を使う必要のまあまあ多い排泄ケアともなると、自分に、同僚、上司に、そしてあげくに患者さんや利用者さんにイラッ...なんてことになりません?楽しくポジティブにお仕事をするために上手に感情をコントロールする方法、アンガーマネージメントを学んでみましょう

5・6月の勉強会

「できなくて可哀そう」にしないための排尿動作再獲得

「排尿自立指導料」運用の実際:理学療法編

「排尿自立指導料」では排泄一連動作を確実なものにするため、理学療法の介入が必須とされています。大病をしたから、高齢だからトイレを使うのなんて無理!とするのではなく、できる動作をよびもどしていくリハビリテーション。排尿自立指導を行う上でのポジショニングの評価やリハビリテーションの実践、環境整備を学びます。こちらも職種関係なく必聴!

8・9月の勉強会

何がそんなに楽しいのか、膀胱話!

そもそも排尿機能、排尿ケアって面白いからはまるんです

人間の尊厳やQOLにかかわる排泄ケア。さらに、診療報酬まで絡んでくるとなると、なんだか真面目くさって考えなくてはいけないように感じていませんか?勿論相手に配慮して語るべき話題ではありますが、同時に膀胱の機能や、これにまつわる人の行動、対処法などを学ぶことは、本来楽しいし、そして笑いに満ちているもの。「泌尿器科の楽しさ」を再確認!

10・11月の勉強会

「排尿自立」を考える多職種大激論!

排尿自立を支える医療、ケア、そして排尿支援機器を総ざらえ

ということで、年の初めからしつこく取り上げる「排尿自立指導料」ですが、医師、看護師、理学療法士だけが排尿自立を支えるわけではありません。退院調整、退院支援はもちろんのこと、排尿支援機器であるカテーテル、おむつ・パッド、集尿器など様々な角度から何が排尿自立につながるか、多彩な職種が一堂に会して各自の役割を語ります。


12月は、ワークショップを行います。
入会のお申し込みはこちら 名古屋大学医学部附属病院泌尿器科 名古屋大学排泄情報センター